エンジョイ!ゆうゆうライフ

相互扶助精神をもとにして、活動している有償ボランティア団体ケア・ハンズを経営していらっしゃる中村さんに取材させていただきました。
やさしくておっとりした感じの中村さん。
とても魅力的な方でした。

実は、e街にもご協力いただいています。
《ケア・ハンズの福祉コラム 》ご存知ですか?
素敵なコラムを書いていただいております。


nakamurasan01.jpg
ケアハンズの方々と

ケア・ハンズさん。介護保険枠外サービスを行う非営利団体です。
乳幼児の子育て家庭への家事・育児援助もお願いすることができます。
介護保険では希望されるサービスが受けられなかったり、時間が足りない方など、サービスを必要とされる方、ゆっくりとした心のふれあいを望まれる方のご希望に添える方を派遣してくださいます。

「介護保険が始まる以前福祉は“措置”でした。困っている人に行政がサービスを与えてあげるというものでした。それがだんだん変わり、高齢者社会になり高齢者が増えてくることによって税金でサービスを提供することが無理になってきました。
それで介護保険制度が実施され、国民が保険料を支払うことによってサービスを受けようということに変わってきました。
私たちは、まだ保険が始まっていないときに措置というのは、条件が厳しく決められている人たちしかサービスを受けられなかったので、そうではない介護を必要としている人の元に行こうということではじめました。
ただ、最初は介護だけでなく、家の中に閉じこもっているお年寄りに、楽しんで暮らせるお手伝いができるといいなということで始めたのがきっかけです。スタートは友達と3人でした。HOPの上の介護ショップをお借りして始めましたが、現在は専用の事務所を借りています。
子育てを終えた方が、私も何かしたいということで徐々にお手伝いの方が増えてきました。
最初にご協力をいただいた方が約70名。ほとんどの方が変わらずに今もお手伝いをしてくださっています。」


あなたは80歳の世界を体験されたことはありますか?

高齢者疑似体験、ご存知ですか?
高齢者の心身の状態を体験することができます。
言葉で年をとるとこうですよと言われてもピンときません。
しかし、この疑似体験を経験していただくと、自然にお年よりはこういう感じなんだってわかります。
もちろん、中村さんご自身も付けられたそうです。
「初めて体験セットを装着した時はすごくショックでした。
体が感じるだけでなく、高齢の方の心まで気がついちゃう。
テレビの音や人の会話が聞こえにくくなる…。阻害された気持ち。家族に仲間外れにされているような、会話に入れないようなそんな感じになっちゃう…そういう風に感じたのました。」

だからこそ、介護の仕事に携わっている人につけていただき、相手の気持ちになってもらいたいと中村さん。
そして、ぜひヘルパーのお仕事をされている方以外に、商店街の方に体験していただきたいとのこと。
商店街こそお年寄りの方が気軽にお買い物に行きたいはず。商品の陳列・対応の仕方とかお年寄りに合っていなければ商店街には行かなくなるでしょう。
ケア・ハンズさんでは“高齢者擬似体験”のセットを貸し出してくださるとのこと。
商店街の皆さま。
お年寄りの方にやさしい商店街づくりをお願いできませんか?


中村さん。
実はお孫さんまでいらっしゃるとのこと。
ちょっとびっくり!
バリバリとお仕事をされているのを拝見していると、とてもおばあちゃまには見えません。

わかりやすく、とてもゆっくりとお話をされる中村さん。

中村さんについてご一緒にお仕事をされている方に伺いました。
「中村さんはどんな方ですか?」
「楽しい方です。しっかりしていて。でもお茶目で。
 まわりがパッと明るくなります。
 中村さんはとても尊敬できる方。決断も早いし。
 でも、ちょっとドジなところもあるんですよ。」


嬉しいとき。
ケア・ハンズの活動が大変な時、必ず誰か会員さんが助けてくれること。
人がつながっていく。
気持ちで人が集まってくれることが嬉しいです。

寂しいとき。
利用者さんに気持ちが伝わらないときかな。


とてもこのお仕事にご理解をされていらっしゃるご主人さま。
そして、ご主人様のご両親さまがとてもご理解してくださっていたそうです。
ご実家のお父様が寝たきりになった時は、お母様がお疲れになっているのを見て、やめてもいいかなと思われたそうです。
しかし、ケアハンズを信頼して下さる会員の方々のことを考えると、辞めることはできなかった。
それがお辛かったそうです。
今は、お母様と少しでも時間を共有できるように、娘さんとしての役割を果たしていらっしゃるようです。

最近は本を読むのが楽しみとおっしゃる中村さん。
お仕事大変とは思いますが、どうぞご自身の時間も取られて体調を崩されませんように。
ますますのご活躍をお祈りしております。
nakamurasan03.jpg
e街編集員の五味君と一緒に・・・


 ケア・ハンズのホームページはこちらから


"エンジョイ!ゆうゆうライフ"の過去の記事へ