エンジョイ!ゆうゆうライフ

平成19年10月25日、さいたま市市民活動サポートセンターがオープンします。
市民活動、ボランティア活動、自治会などの地域社会に感心のある方、それらの活動への参加の方法がわからない方、参加したいけれど戸惑っていらっしゃる方などにとって、身近に情報を集めることのできる施設ができますのでお知らせします。
各団体が発信する福祉に関する情報の掲示もできるようです。

 
何のための施設?
さまざまな分野の市民活動団体(NPO・ボランティア団体・自治会などの地縁組織)など、非営利で公益的な活動をしている団体や、これから市民として地域や社会のための活動を始めようと考えている人たちのための拠点となる施設です。
6つの機能を提案しています。
市民活動の入り口の機能
活動拠点・事務所の機能
交流・ネットワークの機能
情報収集・提供(発信)の機能
相談・コンサルティングの機能
学習の機能


どこにできるの?
浦和駅東口駅前開発ビルの9階。


どんな整備がされるの?
3.231㎡の床面積に、円形に配置された掲示ボード・10人程度が打ち合わせできるミーティングスペース・相談コーナー・相談室・書籍資料コーナー・印刷作業室・パソコンコーナー・約300団体分のメールボックス・多目的サロン・コミュニケーションボード・パンフレットラック・約200団体分の団体ロッカー・交流スペース・多目的展示コーナー・バリアフリーパントリー・お子さん連れの方のためのプレイルームと授乳室などが利用できます。


利用時間は?
午前9時から午後9時30分まで。
12月29日から1月3日までが休館日


誰が運営するの?
NPO法人さいたまNPOセンターが、さいたま市から指定管理事者として指定されて運営します。


施設詳細図




*クリックすると拡大します。



オープニングイベントが開催されます
【開催期間】
10月11日(木)~10月21日(日)まで
  11日~14日:午前12時頃  ~午後4時30分
  15日~21日:午前10時頃~午後4時30分

参加団体は、様々な分野で活動されている団体が113団体参加します。
参加方法には各団体共に工夫を凝らして、展示・体験相談・講演・パフォーマンスなど盛りだくさんの内容となりそうです。

ケア・ハンズは、15日に中央ラウンジにて高齢者疑似体験の実施でイベント参加をします。
高齢者疑似体験とは、80歳以上の高齢になった身体的な状況を専門の体験グッズをつけて、体験していただきます。身体が不自由になると、精神的にも変化が生じます。この変化を感じることにより、高齢の方や、身体の不自由な方への理解をしていただきたいと思います。どうぞご参加下さい。
高齢者疑似体験については、ケア・ハンズのホームページ http://www.carehands.jp/でもご覧になれます。

【イベント会場】
  浦和駅東口駅前開発ビルの9階の市民活動サポートセンター
  浦和駅東口駅前開発ビルの10階の浦和コミュニティーセンター


参考資料
さいたま市市民活動サポートセンター・オープニングイベント事前説明会で配布された資料より抜粋しました。
見取り図などの詳細は、
さいたま市のホームページ ⇒市民参加⇒市民活動サポートセンターオープニングイベント開催のお知らせ ⇒オープニングイベント開催リーフレット の順に開いてご覧下さい。


"エンジョイ!ゆうゆうライフ"の過去の記事へ